『美人の日本語』が生まれるまで…(その2/7)


第7歩
◆朗報


 2週間後のことです。
 
 「朗報」
 
 件名を見て、急いでメールを開くと、
 
 「“ことのはカレンダー”ということで、企画が通りました」
 との知らせです。
 
 デザイナーさんやイラストレーターさんとのコラボで、思わず手に取るような
 外見。
 そして、その中には、一年分の言葉がつづられていて、読者は、毎日手にして、
 今日の一語を楽しみにする・・・。
 
 編集者さんの夢が、いっぱい詰まったメールでした。


第8歩
◆賭け
 
 「そのような本にする以上、そんなにお金が儲かるような話ではありません」
 
 だけど、
 「桜井亜美さんや銀色夏生さんのように、正体を明かさずに、一体どんな人か
 わからないけれど、ステキな人だ・・・というイメージで、まずは『夢子』を
 世の中に出したい!と思っている」
 
 最後に、
 「山下さんとぜひ、その賭けをやってみたいと思うのです」
 
 と書かれてありました。
 
 私はすぐに返事を書きました。
 「その賭け、喜んで、のらせてください」


第9歩
◆ことのはカレンダー

 
 さっそく、365日分の言葉をリストアップして、日付ごとに割り振る作業が始ま
 りました。
 
 企画は、「ことのはカレンダー」として通ったもの。
 ですから、2005年の暦に照らしながら、作業を進めていきました。
 
 『美人の日本語』は、今年に限らず、いつまでも読んでいただけるように書い
 ています。
 年によって変わるような行事は書いていませんが、一応2005年の暦を基準に
 して、だいたいその日にあった言葉を選んでいます。
 
 「もし可能なら、12月中には本を出せるように頑張りたいですね、
 そうしたらきっと来年のカレンダーとしても販売可能だと思いますので」
 
 そう、はじめは、12月に発売予定だったんですね。


第10歩
◆4月始まり


 1年分の言葉のリストが出来上がったのが、10月1日。
 後は、それを元に、原稿を書いていく作業です。
 
 私は今、一応、音楽講師の仕事をしていますので、家に帰ってくるのが、夜9
 時過ぎ。
 
 それから、メルマガを書いて、楽天日記を書いて、メッセージやお便りの返事
 を書くので精一杯でした。
 
 「いつごろにできそうですか」
 との質問に、自分で見積もった答えは、11月末。
 
 それでは、12月発売は難しいということで、4月始まりとすることになりました。


第11歩
◆1回目の原稿


 1ヶ月分の原稿が書けると、送る作業が始まりました。
 
 この時点での予定は、11月末脱稿で、1月半ばぐらいに発売ということでした。
 
 メルマガで使った言葉も入れてくださいということでしたが、まだ100葉にも
 満たない頃です。
 
 その上、4月始まりに変わったということで、言葉も入れ替えたくなりました。
 
 そんな、こんなで、1月分の原稿を書くのに、10日もかかってしまいました。


 -*-*-*-(つづく)-*-*-*-

こちらから購入できます。
幻冬舎のサイトからですと、送料無料です。

 前のページに戻る  次のページへ
 トップへ戻る




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO